×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼虫チョコが話題です

幼虫チョコを始めとする人気スイーツはこちらからどうぞ
幼虫チョコをご存知ですか?今、話題のカブトムシの幼虫にそっくりなチョコレートがのことです。この幼虫チョコが最近、大人気で品切れ続出で大人気商品になっています。この、幼虫チョコを販売しているのは、秋田県横手市にある創作和菓子・洋菓子店「小松屋本店」というところです。実は、「幼虫チョコ」のほかにも「成虫チョコ」もあるそうです。お値段は、幼虫チョコが210円で、成虫チョコが1000円で販売しているそうです。このチョコを買いに来た人の中には珍しさからか1人で10以上も買っていく人や、バレンタインに贈るチョコとしてたくさん買っていく人もあるみたいです。
もともと、「幼虫チョコ」は、2005年に企画商品として小松屋本店が制作したものをインターネットで販売したものでした。販売の反響は凄く、幼虫をリアルに模したその、キモ可愛さが受け入れられてこれまでに3000個以上を販売してきた実績があります。その後に販売した「成虫チョコ」も大ヒットしています。

幼虫チョコはどんな味なのだろうか?

秋田県の小松屋本店が作る「幼虫チョコ」なる物の味はどんなものなのか?知りたくありませんか?まさか、本物の幼虫がチョコにコーティングされているなんてことはありませんので、ご安心を。この「幼虫チョコ」の「幼虫」は胴体はミルクチョコレートの中にフレークを入れてある胴体をホワイトチョコレートでくるんであります。見た目はまさに白っぽい幼虫そのものです。そして、幼虫の脚は「さきいか」で作りより、リアルにみせかけています。そして、幼虫の口元はオレンジピールを使っています。これだけ、手の込んだ幼虫をみると正に本物そっくりに見えてしまいます。幼虫チョコに対して成虫チョコはどうでしょうか?成虫チョコは脚の部分にするめを使ってあるそうです。そして、胴体にはスイートチョコレートを使ってカブトムシの成虫みたいにピカピカの艶が出るようにあいてあります。小松屋本店の小松社長はこのチョコレトーがこんなにリアルになったのは菓子職人のこだわりといっています。その、こだわりのためかこの、幼虫チョコの1日に作れる数は400匹が限界らしいです。

幼虫チョコ・成虫チョコをバレンタインに贈ってみては

この幼虫チョコ・成虫チョコは親御さんが小さな子供のために買っていくケースが多いそうです。でも。このチョコをバレンタインデーに贈ってみてはいかがでしょうか?きっと、バレンタインにこのチョコをもらった方はあまりのリアルさに驚くこと間違いないでしょう。職場等で配る義理チョコでこの幼虫チョコを配ればあなたの人気も上昇すること間違いなしです。幼虫チョコは秋田に行かなければ買えないのか?そんなことはありません。通販でも買えますので。ちなみに、最近ではカブトムシの幼虫チョコ・成虫チョコに加え、新作の「いもむしゴロゴロシリーズ」も販売されています。コンセプトは「キモおいしい」です。職人こだわりのチョコレートのため、1日に作れる数はあまり多くありません。お買い求めは早めにされるのがいいと思います。

Copyright © 2008 幼虫チョコをバレンタインデーにどうですか